文学のまち松山

松山は文学の町としても有名で、多くの作家や俳人らを輩出しています。有名どころとしてはやはり正岡子規でしょうか。また、夏目漱石は赴任先の松山中学校で「坊ちゃん」を執筆したことから、松山には「坊ちゃん」を冠した名物・施設名が多く存在しています。司馬遼太郎の「坂の上の雲」は松山出身の秋山好古、秋山真之の兄弟と、正岡子規を主人公にした作品です。種田山頭火は松山を終焉の地に選び、庵を結び「一草庵」と名づけました。

松山には文学ゆかりの施設が数多く存在します。機会があればぜひ訪れてみて下さい。松山市立子規記念博物館、子規堂、愚陀仏庵、一草庵、松山中学校跡、道後温泉本館「坊ちゃんの間」などなど。

文学関連サイトピックアップ

リンク

Copyright (C) 松山市観光案内. All Rights Reserved.